タクシー車両の年一回のイベントといえば自動車継続検査、通称「車検」ともう一つがこの装置検査。
なんの装置かというとタクシーメーターの装置です。東京地区に4箇所ある検査場のひとつ、深川検査場に行ってみました。

計量法に基づいた検査が行われる

ここでは適正な距離で料金が加算されるように精密に検査し、違法に改造出来ないようにメーター装置に封印します。これでお客さまは安心してタクシーをご利用になれるわけです。

 

東京都は思えない自然豊かな入り口です。東京には4ヶ所の検査場があり、4万台を超える車両の検査を実施します。

 

 

中に入ると順番に基準器のローラーの上を走ります。走るといってもローラーの上なので進まないんですけどね。40キロぴったりで空回りさせてタイヤの回転数とメーターの上がるタイミングで検査します。流れ作業でものの10分で検査完了しました。

〒135-0015 江東区千石1-5-7
●JR錦糸町駅より都バス(錦13系統)千石一丁目前 徒歩2分
●地下鉄東西線木場駅 徒歩20分
タクシーメーター検査受付時間
9時00分~11時45分、13時00分~15時30分
土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)は閉庁日となっております。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事