新型コロナウイルスによる非常事態宣言は解除されましたがその後のタクシー業界ってどうなの?今から転職しても稼げるのかな?これからタクシー運転手になろうかなと考えている方はちょっと注意が必要です。コロナ前のようにどの会社でも適当に流して手取り30万円を稼げる時代ではなくなりました。そして今後も多分無理です。今回はタクシー運転手の現状と会社選びについてご紹介致します。

スポンサーリンク

コロナ後のタクシー転職は会社選びが大切

結論から言うと今後タクシーで稼ぎたいと思ったら会社選びが重要です。すでにタクシー経験が豊富で稼げるルートを知っている、または個人的に長距離を乗ってくれるお得意さまを持っている方でない限り簡単には稼げなくなっています。

 

特にこれからタクシーを始めるタクシー初心者の場合は

  • 会社独自の専用タクシー乗り場がある
  • 会社独自の配車アプリがある
  • 会社独自のタクシーチケットが使える

 

この3つがある会社を選ぶとだいぶ有利になります。どこを流してもお客さまがいない時間帯にはじっと我慢して専用タクシー乗り場に並ぶ場面もでてきます。並んでいる最中に配車アプリから依頼が入ることもあります。また会社のチケットで長距離をゲット出来る可能性も増えます。麻雀に例えると単騎待ちよりも両面待ち、それ以上の多面待ちの方が有利です。タクシー会社を選ぶ事で武器を多く用意することが出来るのです。

 

タクシー運転手の収入格差が激しくなっている

今からタクシー会社に入社して稼げるか不安?タクシーって景気悪いって聞くけど?と思いますよね。確かに稼ぎにくくなっているのは確かです。僕を含め今まで好きな場所を流すだけ、とか好きな場所だけで付け待ちをしていたドライバーは悲鳴をあげています。

コロナ禍でも稼げる運転手は多くいる

ところがです、こんな時期でも営収100万を超えるような乗務員がいるのも事実なんです!タクシーの仕事はイス取りゲームのイスの取り合いのようなもので、みんなで仲良く稼ぐ事は不可能と考えて下さい。

タクシー初心者でも稼げるのか?

コロナ禍で稼げるドライバーはベテランばかりで、初心者は稼げないんじゃないかと思いますが実際はそんな事はありません。やる気があればベテランも新人も関係なく稼ぐことが出来ます。

タクシー会社の募集は始まっている

不況になるとタクシー運転手は増えると言われます。今後もしばらくは増え続けると予想されます。

最新の求人情報をチェック

現在、タクシー運転手募集を再開している会社が増えてきました。注意して欲しいのはコロナ前の募集かコロナ後の募集かを見分ける事です。手取り50万円以上可などを謳っている広告はコロナ以前の募集かもしれません。最新の求人情報で少しでも有利な会社を選びましょう!

コロナで従業員への補償も会社によって違う

今回のコロナ騒動で殆どのタクシー会社が休業になりました。その時の会社の対応が経営者により格差があり業界内では話題になりました。本当に良い会社はこんな時に乗務員のことを親身に思ってくれる会社なんだろうなと思います。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事