効率的に覚える!東京タクシーセンター地理試験の暗記法を解説 "東京タクシーセンターの地理試験"で合格する為には、丸暗記が必要です。高校や大学の入試でも暗記は必要ですが、それは東京タクシーの地理試験も同様なのです。この試験の場合、過去問を暗記する必要があります。学校の試験とは、少々異なる点もあります。

今回はタクシーの地理試験の具体的な暗記法をまとめてみましたので、参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

過去問を丸暗記する

東京タクシーセンターの地理試験の場合、過去問の暗記はほぼ必須です。というのも問題1と2は、全て過去問から出題されます。ランダム出題でない点は、学校の入学試験とは異なるのです。
そもそも高校や大学の過去問を見てみると、ほぼ毎回違う問題が出題されます。たまに全く同じ問題が出てくる事もありますが、基本的には違う出題になります。
ですから高校や大学の入試に備えるためには、きちんと知識を覚えておく必要があります。知識の本質まで理解しておかないと、合格も難しくなります。

 

難関大学の入試の場合、過去問を丸暗記した程度では歯が立ちません。
しかしタクシーの地理試験は、また話が大きく異なります。過去問がそのまま出題されますから、まず問題集を暗記しておきましょう。問題集は、1部900円で買えます。

問題1と2の暗記方法

その過去問の暗記法ですが、まずは「答え」の方から覚えると良いでしょう。答えの順番も、そのまま丸暗記します。

 

例えばある年の出題は、(1)の正解はAで、(2)はBで(3)はCだとします。もしもこの問題がそのまま出題される場合、(1)から(3)までの答えの順番は変わらないのです。全く同じAとBとCという順番で、前回同様に出題されます。

 

ですから過去問は、まずAとBとCの順番そのままに覚えていくと良いでしょう。まずは解答を順番通りに暗記して、その「後」に出題本文を丸暗記するのが一番効率的です。その際、地図とワンセットで覚えると良いでしょう。

 

タクシーの地理試験の問題1と2は、12の出題パターンしかありません。12のパターン全てを覚えて、試験に臨むと良いでしょう。

 

この過去問の丸暗記は、とても大切です。ちなみにタクシーの地理試験は、問題3と4と5もあります。その3つの試験対策をするためにも、問題1と2の暗記は欠かせません。1と2で基礎知識を覚えて、それを材料に3と4と5も暗記していくイメージです。

スポンサーリンク

就寝前と起床時に書き出して記憶を定着させる

まず問題1と2を完璧に暗記する必要がありますが、その際のコツが1つあります。毎日、「暗記した内容を書き出す」という作業を続けてみると良いでしょう。毎日続けていくと、定着しやすくなるからです。

 

その具体的なやり方ですが、まず寝る前に「今日は何を暗記したか」を全てメモに書き出します。1日に暗記した内容を、改めて確認する意味合いもあります。
そして朝起きたら、昨日暗記した内容をメモに箇条書きで書き出していきます。実際に書き出してみると、覚えていない内容も出てくるでしょう。もちろん、それは復習します。完全に丸暗記するまで、毎日何度でも復習します。

 

高校や大学受験で何かを覚える時も、必ず「反復」します。何度も繰り返さないと、なかなか覚えません。タクシーの地理試験も、それは同じなのです。
地理試験に合格したいなら、問題1と2の全問正解はほぼ必須です。完璧な暗記が欠かせませんから、記憶が定着するまで毎日繰り返しましょう。

語呂合わせで暗記していく

問題1と2を丸暗記したら、今度は幹線道路と交差点も覚える必要があります。どうやって暗記すれば良いかというと、基本は語呂合わせです。

 

中学校で平方根を覚える時も、語呂合わせを活用するでしょう。√2は1.41421356237ですが、「ひとよひとよにひとみごろ」という語呂で暗記していた筈です。東京タクシーの地理試験も、そのような語呂で覚えてみるのは有効です。

 

例えばある地図の中に、肉市場と八芳園と仏国大使館があるとします。その3つを全てセットで覚えたい時は、自分なりに語呂合わせを作ってみるのです。例えば「肉を頼んで八宝菜を作り、フランスの友達に食べさせた」といった語呂を作ります。「肉」は肉市場であり、「八宝」は八芳園で、「フランス」は仏国大使館です。

 

また武蔵境通りと三鷹通りと吉祥寺通りをセットで覚えたい時は、「虫を見たので思わずキャー」などの語呂を作ります。「虫」は武蔵野で、「見た」は三鷹です。そして「キャー」は吉祥寺といった具合です。
もちろん語呂合わせで暗記する時も、反復は必須です。覚えられるまで、何度も繰り返す方が良いでしょう。

 

幹線道路だけでなく、交差点も同じです。東京タクシーの地理試験では交差点も出題されますが、やはり語呂合わせで覚えていきます。交差点の場合は、東西南北などと付けられた名前が多いので、若干覚えやすいです。

頭にイメージを描いて覚える

語呂合わせを覚える際は、必ず頭にイメージを描くようにします。そもそも語呂合わせを作っても、実際の試験で思い出せなければ意味がありません。試験でスムーズに思い出せるように、頭に風景などを描いておくのです。

 

人によっては、その風景をイラストで描いている事もあります。必要に応じてイラストを描いてみるのも悪くありませんが、多少時間がかかります。なかなか覚えられない時だけ、イラストを描くと良いでしょう。

暗記できない地名は地図にマーキング

上述の語呂合わせを駆使すれば、大多数の幹線道路や施設や交差点は暗記できます。しかし語呂合わせは完璧ではありません。その方法で暗記を試みてみても、なかなか覚えられない事も実際あります。

 

その場合、実際に地図にマーキングするのが有効です。何回頑張っても覚えられない施設などは、地図にマーカーで色を付けておきます。
何回かそれを繰り返していると、地図に複数のマーキングが作られます。その後は、Googleマップを活用してみるのです。

Googleマップで雰囲気を確認してみる

Googleマップには、ストリートビューという便利な機能があります。検索欄に地名を入力すると、その場所がマップに表示されるのですが、まずは暗記できない施設や駅名などを検索欄に入力します。
すると施設に関する地図が表示されますが、その際ストリートビューで施設の周辺の風景を確認してみると良いでしょう。施設周辺の風景を目に焼き付けるようにして、施設周辺をぐるりと歩いてみます。さながら旅行を楽しんでいるかのように、風景を見てみるのです。

 

これを実行してみると、意外とスムーズに暗記できるケースが多いです。そもそも何かの施設の名称は、単独で覚えられるものではありません。周辺の施設や公園などとワンセットに覚えているでしょう。
自分の家の近所にある施設をイメージすると、分かりやすいです。家の近所に公的施設があって、近くに印象的な民家や駐車場があるなら、その駐車場や民家とワンセットで覚えているものです。もしくは雰囲気や風情とワンセットで覚えている事が多いでしょう。

 

ストリートビューで施設周辺の雰囲気を確認してみると、意外と簡単に覚えられることがあります。ただストリートビューは、若干時間がかかります。地図の全ての地名をストリートビューで全て確認するのは、膨大な時間がかかるでしょう。上述のマーキングした地名だけ、ストリートビューで覚えていくのが効率的です。

 

この作業を繰り返して、改めてマーキングした地図を俯瞰的に眺めてみると、意外とスムーズに頭に入ってくることが多いです。点と点が、線でつながるようなイメージです。

まとめ

東京タクシーセンターの地理試験の暗記方法は上記の通りですが、ポイントは3つあります。

1つ目のポイントですが、問題1と2は完全に丸暗記しておきましょう。12パターンしかありませんから、それほど時間はかかりません。

2つ目のポイントは反復学習です。やはり繰り返しは大切です。

3つ目は語呂合わせです。必ず頭でイメージを描いて、暗記するようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事